So-net無料ブログ作成
検索選択

さらば、プジョー205 [車]

おととい、我が愛車、プジョー205とお別れしてきました。

この日がいつかは来ると思っていましたが、とうとう来てしまいました。
車検が切れるのをきっかけに、手放すことを決意したんです。

そして先週の日曜、最後のドライブに出かけました。

雨の中走りだす



あいにくの雨。
たくさん降りました


カメラもいつもいっしょ
カメラと地図を傍らに


10年もの間の、いろんな思い出を振り返りながら
もの思いに浸った


あてもなく走った。
駅前で休憩


仕事でよく通った、高梁市のふるさと農道
よく仕事で来たふるさと農道 


205と走る、山道も大好き
大好きな山道


雨のち くもり・・・
下りも楽しいです


そしてやっと晴れた!
ようやく晴れ間が


そしてとうとうきた、22万キロ!
22万キロ達成!


また休憩。
ちょっと休憩


お尻がラブリー
素敵なお尻


おバカな写真も撮りました。
サンルーフ


実りの季節も近いね
稲


雨上がりの後の、とても印象的な夕焼け
大変美しい夕焼け


素敵な車だったよ
夕焼けが赤いボディに映る


ほんとはまだまだ走りそうだけど、走っていれば必ずまた壊れていきます。
それがいつかはわからないけど、不安はいつも付きまとっていました。
もう部品の入手も難しいのです。
これでは愛車で遠出もできないし、旅にも出られない。

写真にもありますが、この日のドライブで22万キロを越えました。
この車が作られて18年間で22万キロ。
よくぞここまで走ってくれましたね。







   ・
   ・
   ・




そして最終日。
車検が切れる日に、車屋さんに引き取ってもらうため、とうとう最後の運転となります。




我が家を出発する前
この見慣れた風景も見納め


また雨だった
最終日もやはり雨


私も涙模様
これでほんとに最後の運転


そして車屋さんに到着。ほんとにご苦労様だったね
とうとうお別れのとき


最終的な走行距離は、220222キロ。
偶然にも「2」がたくさん並んで、間に「0」が一つだけ入っています。
この話を元オーナーの先輩に伝えたところ、
そんなところもヤツらしいと言ってくれました。
私も最後まで可愛いヤツだと思います。
(ホントは220221キロになりそうだったので、ちょっと遠回りして調整)
220222キロ


最終日は雨でしたが、ほんとうに最後まで調子よく走ってくれました。
私が乗り始めてから今まで事故もなく、いろんなところへ連れて行ってくれました。


プジョー205という車は、とても素晴らしい車です。
まずは見た目が最高に可愛いです。
80年代にデザインされた205は、今となっては古さを隠せませんが、日本車にはない独特な雰囲気を漂わせており、コイツに乗っているんだということをいつも誇らしく思っていました。

そしてまた、運転がとても気持ちの良い車です。
軽い車体に大きなエンジンを積んでいますので、走りは軽快そのもの。
譲り受けて乗り始めた頃は、天を駆けるような乗り味に、感動していました。
カーブをスムーズに駆けるあの感覚は、他の車では味わえないものです。



そしていま、私の中でひとつの時代が終わったという気がしています。
もう205に乗れないことはとても寂しいですが、少し肩の荷が降りたという安心感もあり、今は清々しい思いです。

205はホントに愛すべき車でした。
こんな車にはもう二度と出会えないと思います。
ですが、205だけが良い車なのではなく、それぞれの車にはそれぞれの魅力があり、それに合った付き合い方があると思うのです。
なので、次に乗る車はまた少し違ったスタンスの付き合い方になると思いますが、それもまた楽しんでゆけばよいと思います。

また、車というものだけに固執することなく、今後も自分の生き方や、周囲のいろんなことに楽しみを見つけてゆくべきだと思っています。
それがこの胸にぽっかりと空いた穴を埋めてゆくことになるのだと思っています。

最後に、とても不思議な縁でこの車に出会わせてくれた先輩、とても感謝しています。ほんとにありがとうございました。










さらば、205
さらば、205


タグ:プジョー205
nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 10

りかの配偶者

乗り倒したクルマとの別れは寂しいものですね。
機械に感情移入するなんてナンセンス、なんて思う人もいるでしょうが
私も感情移入するタイプですから気持ちが分かるつもりです。
by りかの配偶者 (2011-08-28 05:14) 

ichimannet

りかの配偶者さん
ほんとに、名残惜しかったです・・・。
気持ちをわかってくださり、ありがとうございます。
機械もそうですし身の回りの道具全般について、愛着を持って使うべきだと思います。
機械に対して「かわいい」とか言える人のほうが私は好きですね~。
by ichimannet (2011-08-28 10:00) 

先輩?@涙が出てきたヨ

譲って、数ヵ月後の車検で手放すと思ってましたが
まさか10年も乗り続けてくれるとは。

よくぞココまで乗ってくださいました!
本当に、本当にありがとう!


思えば、ボクに納車された日に初めて乗っけた人が
ichimannet さんでした。
乗っけて数分後にシフトが抜けて立ち往生(笑)したのも
何かの縁だったのかもしれませんね、ナツカスィ~!


もう「こういう味のクルマ」には出会えないだろうけど
その時その時の様々な出会いを大切にして
人生を楽しんで行きましょ(^^)


ソレヨリナニヨリ・・・
こんなichimannet さんとの出会った事に感謝です!
ありがとね。。。。。。
by 先輩?@涙が出てきたヨ (2011-08-28 17:33) 

106シルバーカー@先輩相方

気持ち、とってもわかります。

でも、人は前に進んでいく生き物のような気がしてて・・・、
ツライ別れも、この先の為には必要だったんだと
気づく日が来ると思うのですよ。

この先の人生は、きっとバラ色・・、
チェリーレッド色の素敵な明るい日々が訪れるね。

私も思い出深いクルマだったので
お別れも寂しいけど、
最後まで丁寧に乗ってくれた事が嬉しかったです。

本当に感謝です。
ありがとう。

by 106シルバーカー@先輩相方 (2011-08-31 11:24) 

masami

いい文章だなぁ。
いい写真だなぁ。
人と物との関係は、こうでなくちゃね・・・。
じーんときました。
ありがとう。

TOPの橋の写真は総社ですか?

by masami (2011-08-31 15:09) 

ichimannet

先輩・・・

そうですね、最初に私がのっけてもらったのは、何かの縁だったのでしょうね。
納車直後に壊れるなんて、なんちゅう車を選んだのかこの人は、なんて思ったもんですが(笑)、その後まさか自分がその車のオーナーになろうとは・・・。
おかげさまで、あらかじめ不具合な部分はある程度解消されていたため、とても乗りやすかったです。

そして、私の元にやってきてから車検までの数ヶ月間に、205との思い出をつくろうと思いました。
その間に北海道への撮影旅行に使って、その後は手放そうと思っていました。
でも、いっしょに旅に行ったことにより、より愛着を持ってしまい、相棒として手放せなくなってしまいました。
北海道から帰って車検を通しましたが、さすがにそのときまさか10年も乗るとは思っていませんでした。

ほんとに、こちらこそ先輩に出会えたことに感謝しています。
そもそもお互いにD高校を選ばなければ、写真部に入らなければ、今日の状況はありえなかったんですね・・・。

また飲みましょう(飲めないけど…)!そしてあの赤い車について語りましょう!
by ichimannet (2011-08-31 22:46) 

ichimannet

106シルバーカーさん

ほんとにいろいろとありがとうございます。

お二人の思い出の詰まったチェリーレッドの車。そんな車に乗せてもらって、私も幸せをおすそ分けしてもらったような気分でした。
ほんとに別れはつらいものですが、私は前を向いているつもりですので、後悔はしていませんし、明るい日々が来てほしいと思っています!

車の扱い方にあまり自信はありませんでしたが、「丁寧に」と述べていただきまして、ほんとに10年乗ってよかったと思いました。

もし106シルバーカーさんがいなければ、私が乗ることはなかったかもしれません。
出会わせてくださいまして、ほんとにありがとうございました。

また飲みましょう(飲めないけど…)!そしてあの赤い車について語りましょう!
by ichimannet (2011-08-31 22:48) 

ichimannet

masamiさん

ありがとうございます!
文をほめてもらえるのは、なかなかうれしいもんですね。
今後も、物とうまく付き合えるようにありたいと思います。

TOPの橋は、岡山市の旭川に架かっている大原橋なんです。
じつは他に総社の写真もあるんですよ!
あのキレイな夕やけを見た駐車場は、総社っ子ならおなじみの「リブ21」の屋上です!
ドライブの最後に花を添えてくれた総社、やっぱりいいとこですね~!
by ichimannet (2011-08-31 22:50) 

miya_gon

なんだか読んでいて、じ~んとしてきました。
良いですね、一台の車をずっと愛し続けて・・・そんな温かさが
伝わってくるようです。最後の写真がまたグッと来ます。
by miya_gon (2011-09-16 17:58) 

ichimannet

miya_gonさん
どうもありがとうございます。そんなふうに伝わってよかったです!
205がいた日々は、もうずいぶん前のような気もするし、今でもドアを開ければそこに止まっていてくれてるようにも思います。
最後の写真は、旭川という川にある私の大好きな土手の上での夕日です。
自分で写真を見てても胸がジーンとしてきました。
まぁなんだかんだで未練があるということでしょうね(笑)
by ichimannet (2011-09-18 17:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。