So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜市電1156号について [廃車]

昨年の大晦日に訪れた横浜市の久良岐公園に置いてある「横浜市電1156号」ですが、今回は昨年の1月1日から1年後の訪問となりました。

この電車は以前は公園内の施設として自由に解放され、誰でも乗ったりして遊ぶことができていたらしいのですが、次第に車体は老朽化。
現在では立入禁止となり、周囲のフェンスより内側に入ることはできません。
一昨年頃までは撤去する話があったのですが、一転、修復されることが決まりました。
そのニュースを知ったことをきっかけに、昨年の1月1日に様子を見に行ったのです。

そしてあれから一年・・・。
保存整備は進んでいるのか気になっていましたので、東京へ行ったついでに再訪してきました。
ありましたありました、この姿!前と変わりません。長年の風雨に耐えた老兵のようです。かっこいい!

横浜市電1156

結局のところまだ放置されたままで、変わっていませんでした。徐々に崩壊は進んでいます。


そして、電車の脇に看板を発見。
説明板
修復の話は進んでいるようですね。これはこれで安心です。
市民ボランティアの手で修復かぁ~、いいなぁ~、こういうの参加したいなぁ!
でも横浜は遠すぎて通うのは無理です・・・。


せっかくなので、一年でどう変化したか、少しだけ写真を比較してみたいと思います。

やはり全体にサビは多くなっています。
1年前
20110101_01

現在
20111231_01



塗装が剥がれているところも多くなりました。
1年前
20110101_02

現在
20111231_02




車体中央にある丸いヘッドライトは、以前は板のようなので覆われていたのですが、その板は無くなって、ちょっと間抜けな顔になっています。

1年前20110101_03    現在20111231_03




あとは、その他の写真・・・


こんなふうに、フェンスで囲まれています。
フェンスで囲まれています



運転機器も残っています。
運転台



周囲では子供たちが遊ぶ平和な光景が見られます。
横浜市電_遠望



前面あたりは、ほんとにボロボロ。
本来は「1156」なのに、「1」がひとつなくなっています。
前面もボロボロ



出入り口付近。扉は4箇所ぜんぶありません。
扉はありません


現在のこの姿は、悲しくて辛い現実を表している一方で、
ボロボロでサビだらけの風貌は、力強さや年月の流れを感じさせてくれ、
私はこの姿はとても好きですね。

でももちろん整備された美しい姿も見てみたいです!
今後どうなっていくのでしょうか?
見守っていきたいと思います。
木立の間から


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 4

せつら

俗に言う、見守り保存ってやつなんでしょうか?f(^^;;

by せつら (2012-01-05 10:03) 

ichimannet

せつらさん
どうなんでしょうかねぇ~?
私もこのまま手を付けないで見守ってほしいとも思いますが、
でもたぶん、そのうち動きがあると思います。
by ichimannet (2012-01-07 00:53) 

りかの配偶者

子供と中へ入って遊んだような気がします。
だいぶ小さい頃だったような。
我が家からクルマで10分くらいでしょうか。
by りかの配偶者 (2012-01-14 07:23) 

ichimannet

りかの配偶者さん
この公園、ご自宅のご近所だったんですか~!
大きい公園で、お子さんには楽しい場所ですね。
私の行った時もご家族連れが多かったです。
私も電車の中に入ってみたかったですね~。
by ichimannet (2012-01-15 09:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。